私たちができること
労働組合・団体交渉について

労働組合の団体交渉も、オフィスパルは得意です。
このページでは、そのことについて、オフィスパルの思いや考え方を記します。

そもそも、労働組合は必要なもの?

どの企業にも絶対必要なもの…だとは思わない。

なぜなら、なくても素晴らしい会社は現実に存在し、
そのような会社では、存在意義が見当たらないから。
なくていいんなら、ないほうがいい。
めんどくさいわ。

でも、とんでもない会社も現実に存在する。
そんなときは、あんたたち労働組合の出番だ。
応援しますよ。

従業員の声に耳を傾けない経営者に対してなら、
どんどんやるべきだと思う。

労使は対等、当たり前の理屈。
でも「すべての場合において」ではないんだね、現実には。
義務と責任の範疇が違う。

コミュニケーションを欠くと労働組合が生まれます。
お互いに意見は聴こうね。

お互いに意見は聴こうね。
その姿勢が大事。
従業員の意見に耳を傾けない経営者。
経営者の気持ちを理解できない従業員。
どちらも、ろくでなし。

真面目に経営をされている会社でも、労働組合ができることがある。
それは、コミュニケーションを欠いているからに他ならない。
「従業員もわかっているだろう」
いやいや、そうじゃないですよ。
だから労働組合ができたんですよ。

従業員さんの労働組合ならばウェルカム
外部の人・・・・別にいいけどなんでかな???

従業員が作った労働組合ならば、本来、ウェルカム。
腹割って、いろいろお話しましょうや。
いままで一緒にやってきているんだから、
じっくりお話しましょう……と。

だけど、外部の人間となれば、話は別。
ドカドカと、まるで土足で人の家に乗り込んでくるみたい。

「労働組合を結成した」
「団体交渉を申し入れる」
「要求は……だ」

何なんですか、あんたたち……

労働組合法、知ってますよ、プロだから。
団体交渉、OKですよ。
お話しましょ。

だけど、気持ちの上では、違うんです。
あんたたちは、「よその人」。
なんで、「よその人」と話さなきゃいけないの?
これは俺の正直な気持ちだ。

それに、嫌に正義感ぶってますね。
詳しい事情も知らないで……

Charlie's One Half Theory ヒューマンエラーゼロへの取り組み トラブルを防ぐトレーサビリティー オフィスパルの就業規則 Charlie's One Half Theory オフィスパルのフェイスブック パル・サポーター お客様の声 BOSS 一般社団法人 ASSI アマチュア寄席「くちなし亭」 他社見学会